出産・妊娠 育児

授乳口つきの服っている?いらない?どんな服がおすすめ?

投稿日:

妊娠も中期から後期に入ってくると、
いろんな服を用意し始めるプレママさんが多いみたいです。

マタニティショーツや妊婦帯など、妊娠中に必要なものもあれば
赤ちゃんが生まれた後に必要な服もありますよね。

母乳で育てようと思っているプレママさんにとっては、
授乳口つきの服やパジャマもそのひとつ。

でもまだ赤ちゃんが生まれていないと、
本当に授乳口つきの服って必要なのかどうか迷いませんか?
いろんな出費もかさむ妊娠中や出産後ですから、出来れば無駄な出費は抑えたいところ…。

授乳口つきの服って本当に必要なのでしょうか?
必要だとすれば、どんな服がおすすめなのでしょう?

授乳口つきの服ってどうして必要なの?

授乳口つきの服とは、胸の部分に口がついていて
赤ちゃんにすぐに母乳があげられるようになっている服のこと。

多くの服は口の部分の布がひだになっていて、
一見しては授乳口が分からないようになっています。

おかげでお出かけする時でも違和感なく着られる服が増えているみたいですね。

しかし上下分かれている服を着ていれば、
ちょっと服をめくれば母乳はあげられるのですが…
なぜ授乳口つきの服の方が便利なのでしょう?

ひとつには、スムーズに授乳が出来るというメリットがあります。

新生児は母乳をあげる回数も多めです。
その度に服をまくり上げてごそごそ授乳するのはちょっと面倒ですよね。
授乳口つきの服なら、口の部分からすっと胸だけだして授乳ができるのでとってもスムーズです。

さらに赤ちゃんにもメリットが。
服をめくって授乳していると、赤ちゃんの顔に服がかかってしまうので
服のデザインによっては赤ちゃんが母乳を飲みにくいという場合もあります。
服も汚れやすくなってしまいますが、授乳口つきならそんな心配もいりません。

やっぱり授乳口つきの服にメリットがあることが分かりますね。
しかし、たくさんの服を揃えるべきなのでしょうか?
特にどんな服が必要なのでしょう?

授乳口つきの服、これは必須!

授乳口つきの服で調べてみると、今はいろんなタイプの服が用意されています。

パジャマや部屋着はもちろん、ちょっとカジュアルな外出着や
はたまた結婚式にも出られるようなドレスにも授乳口がついた服が用意されています。

しかし乳児を連れて結婚式に出る機会って、あんまり無いですよね…。
その為にわざわざ服を買うのも、と思う女性も多いかもしれません。

そこで先輩ママさんたちの意見を聞いてみたところ、
授乳口つきの服のなかでも「これはあって良かった!」っていうものがあるみたいですよ。

まず第一に、パジャマです。

入院中は人目があるところでどうしても授乳しなくてはいけませんので、
やっぱり授乳口つきのパジャマが便利。
とくに入院中は1着はあったほうがいいという声が多数です。

さらにパジャマの代わりにもなるような部屋着も便利なようです。

産まれてすぐ、1~3ヶ月くらいの赤ちゃんは
大体1,2時間おきに母乳を飲ませると良いと言われています。
これは一日にするとかなりの回数!
その度に服を開け閉めするのは面倒です。

また赤ちゃんが産まれてすぐは、
お母さんの体力も戻りませんのでお家にいることが多くなります。
それで授乳口つきの部屋着もあると助かったという声もありますよ。

加えて真冬に授乳の時期を迎える方、そしてとくに冷え症の方は
授乳のときに服をまくってお腹が丸出しになるのが寒いという場合があるようです。
寒さが苦手で、冬の時期の出産の方は、
授乳口つきの服の購入を検討してもいいかもしれませんね。

授乳口つきの服ってどれくらいの時期に買えばいいの?

さて、ちょっと気になるのが授乳口つきの服を買うタイミング。

フラットシューズなんかは普段も使えるので、妊活中の購入を勧める方もいるようですが…
授乳口つきの服はいつ頃用意すればいいのでしょう?

割と良く言われているのが、赤ちゃんが産まれた後で良いという意見です。

母乳で育てたいと思っていても、しっかりと母乳が出るかどうかは妊娠中には分からないもの。
事前にたっぷり服を用意してあっても、結局母乳が出ずに必要なかったとなると
少しさみしくなってしまいますよね…。

パジャマを1,2着用意するのは良いことですが、
授乳口つきの外出着までは、あまり早目に心配しなくてもよさそうです。

赤ちゃんが待ち遠しくて、早目にいろいろと取りそろえたくなってしまうかもしれませんが…
今いるもの、あとでもいいものを見極めて、準備をすすめていきましょう♪

-出産・妊娠, 育児

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.